精神科で受ける心の治療【憂鬱から抜けだすためのサポート】

草原にいる女性

うつ状態が続いたら

看護師

病状の対策

「何もやる気がしない」「疲れが取れない」「いつも眠い」などの症状が続いたら、精神科もしくは心療内科に行くようにしましょう。うつ病と診断される可能性があります。万が一精神科でうつ病と診断された場合は、他の精神科も数件回ってみましょう。病院によっては、うつ病ではないと判断されたり、治療そのものを拒否されたりする場合があります。うつ病のような精神疾患は、精神科での診察がメインとなりますが、それは会話による診断が大半になっています。医師がうつ病だと判断すれば、治療が開始されます。うつ病治療には、薬物治療、認知行動療法、対人関係療法、心理療法、整体療法、漢方療法など、数多くあります。その中から自分にあった治療を選択するのがベストですが、医師によっては薬物治療を強制してくる場合があります。薬物治療はうつ病の症状を緩和させる効果がありますが、一時的なもの、つまり対症療法にすぎません。うつ病治療は根本的なレベルでの治療が必要不可欠です。根本的なレベルの治療には2種類あります。1つは「原因を解明してそれを取り除くこと」、2つは「tms治療を行うこと」です。何れもうつ病治療には最も効果を発揮するものです。

tms治療の流れ

うつ病を発症するのには原因があります。それは主にストレスだと言われています。ストレスの原因を解明して、それを取り除くことで、うつ病から来る症状は改善へと向かいます。また、tms治療のように脳の血流を促すことで、低下した脳の機能を取り戻すことができます。そうすることでも、うつ病の症状は改善されるのです。以上が根本的なレベルのうつ治療なのです。ストレスを取り除くためには、ストレスについて精通する必要があります。ストレスには種類があります。わかりやすいものは、精神的ストレスです。仕事や経済的な問題、病気など健康上の問題、失恋など恋愛の問題、これらは精神的ストレスと呼ばれるものですが、最も大きな精神的負担と考えられるものです。しかし、ストレスは他にも種類があるのです。例えば長時間同じ姿勢を強いられるような仕事をしている場合、背骨が歪んだり、身体に構造上の問題が生まれます。これは構造的ストレスと呼ばれるものですが、ストレスの一種として数えられます。つまり、背骨の歪みが原因で、うつ病を発症するケースもあり得るということです。他には、化学的ストレスがあります。化学的ストレスは主に添加物の摂取・使用から来るものです。例えばトランス脂肪酸の摂取で肝臓に負担がかかったり、合成界面活性剤の使用で皮膚を傷めたりというのも、ストレスになるということです。このように、ストレスには種類があり、無意識的にしていることが、実はストレスの原因であるケースもあるのです。精神科ではそこまで生活の把握をすることはありませんので、根本的な治療を病院に求めるならば、tms治療がおススメと言えるでしょう。